離乳食の基本を学びましょう

HOME   >   当院のこだわり   >   離乳食の基本を学びましょう

栄養士と一緒に離乳食実習をしながら離乳食の基本を学んでみませんか?

 近年、乳幼児健診での育児の悩みごととして“離乳食を食べない”など離乳食のことをあげるお母さんがとても目立つ様になりました。
 離乳食を親子で楽しむために原点にもどって離乳食の基本について学んでみませんか?

当院では離乳食を順調に進めるためにはダシをとることが大切だと考えています。

 離乳食の目的は母乳やミルクでは足りなくなった栄養やエネルギーを補給することですが、同時にこの時期に経験した味の記憶は残るといわれます。その意味から本物の味や自然の味に出会う機会を多くしてあげたいものです。ダシもインスタントではなく昆布やかつお節からとった天然のダシで味付けや調理をしてあげましょう。ダシのうまみを刷り込んでおくことで、調味料でごまかされた食べ物を好まなくなり、味覚が発達してきます。

離乳食実習の内容

1. 離乳食の進め方について

始める時のポイント、1回食から2回食・3回食への進め方、スプーンの使い方など離乳食の基本的な知識について資料を見ながら説明します。

2. 離乳食を作ってみましょう

おかゆや野菜をすりつぶしたり、裏ごししたりして離乳食を作ってみましょう。楽につぶせるテクニックや家族の食事から取り分ける方法など簡単に離乳食を作るコツをお教えします。

3. 和風ダシと野菜スープの作り方について

昆布とかつお節で和風ダシをとります。本物のダシの香りとうまみのある優しい味を体感してください。ベビーフードのダシとの飲み比べもあります。野菜スープを作ってポタージュにしたり、具材を離乳食に使ったりアレンジ方法をお教えします。

日時 毎月 第1・第3月曜日、午前9時30分~12時
場所 あおい小児科2F「キッズケア・青い鳥」
人数 3人程度
※お子さんも一緒に参加できますが託児所はありません。抱っこひもやお気に入りのおもちゃなどの準備をお願いします。
参加費 500円
講師 青野真紀子(管理栄養士)
申込方法 当院受付またはお電話でお申し込みください。
TEL 0898-47-0033

離乳食実習のお知らせ

日時 毎月第1火曜日、第3火曜日、午前9時30分~12時
場所 あおい小児科スタッフルーム
人数 3人程度
※お子さんも一緒に参加できますが託児所はありません。抱っこひもやお気に入りのおもちゃなどの準備をお願いします。
参加費 500円
講師 青野真紀子(管理栄養士)
申込方法 当院受付またはお電話でお申し込みください。
TEL 0898-47-0033

育みましょう!赤ちゃんの味覚

自分でダシをとるメリットについて

安くて安心です。

市販のダシパックは塩分や添加物など赤ちゃんに与えたくない成分が含まれているものもあります。使うなら天然素材100%のダシパックがおすすめです。

ダシのうまみで調味料が少なくてすみます。

離乳食は基本的にダシの味がついていれば味付けしなくてOKです。調味料を使うなら離乳食後半からです。

だしをまとめてとれば大人の料理にも使うことができます。

離乳食がきっかけで家族の食事を見直すことができます。家族の健康につながります。

子どもの味覚の発達について

赤ちゃんの味覚はとても敏感

人間の味覚は生まれる前から発達していて、生まれた後も発達し続けます。
赤ちゃんの味を感じる味蕾(舌の表面にある味覚を感じるセンサー)の数は、30~40歳の成人の3倍もあります。赤ちゃんの味覚は大人よりもとても敏感なのです。

子どもの豊かな味覚を作るには多くの食経験が必要

味には「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」の5味があり、それぞれが信号としての役割をもっています。

このうち甘味、塩味、うま味は人間が生きていくうえで不可欠な栄養のため本能的に好む味とされます。苦味、酸味は毒物や腐敗物などを知らせるシグナルなので、経験を積むことで好みになっていく味なのです。そのためにはたくさんの素材の味を繰り返し経験させてあげる必要があります。この時にも天然ダシが素材の味を引き立ててくれるので強力な味方になってくれます。

食事がおいしいと感じる環境づくりも大切

子どもがおいしいと感じる要素は味だけではありません。
香り、硬さ、食感、温度、見た目などの複合感覚、食べさせ方、食事の雰囲気など様々な感覚器官からの情報が総合されておいしいと感じます。家族みんなで食事をする機会を多くする、“おいしいね”といった言葉かけをしてあげるなど、食事が楽しいものであることを子どもに教えてあげることも大切です。

院長おすすめの離乳食本

“離乳食作りは大変”と思われるお母さんにぜひお勧めしたい本をご紹介しています。

院長おすすめの離乳食本のページ

ページの先頭へ