キッズケア・青い鳥の紹介

HOME > キッズケア・青い鳥の紹介

施設紹介

保育時間

月曜日~金曜日 8時~18時
延長保育はありません。

休日

土曜、日曜、祝日、お盆、年末年始

定員

10名

ご利用できる方

働いていられる家庭のお子さまはもちろん、保護者の方のご病気などで家庭で保育ができない家庭保育のお子さまも対象です。

利用条件
① 対象年齢:生後6カ月から小学校6年生のお子さま
② 今治市在住であること

お預かりできる病気

通院で治療が可能なお子さまが対象です。(例えば、熱、嘔吐、インフルエンザ、水ぼうそう、おたふくかぜなど)

ただし、麻しんと流行性角結膜炎(はやり目)のお子さまは対象外です。また、点滴治療や入院が必要なお子さまもお預かりできません。

予防接種

入室までに年齢相当の定期接種を済ませるようしてください。
定期接種が完了していないお子さんについては入室をお断りすることがあります。

食事

昼食とおやつは、ご持参、ご注文どちらでも構いません。

保育施設

部屋は4つあり、同じ病気の子どもたちが一緒の部屋に入ります。室内は、すべての部屋が見渡せる設計で安心です。

  • 保育室「うさぎ」
  • 隔離室「ぱんだ」
  • 安静室「りす」「くま」
  • 事務室・相談室「あおぞらルーム」

※写真をクリックまたはタップすると拡大します。

基本理念

キッズケア青い鳥は、病気のお子さまとその家族を支援することで、安心して赤ちゃんを産み育てることができる社会の実現に貢献します。

行動指針

キッズケア青い鳥では、保育士、医師、看護師、栄養士がチームを組んで、以下の行動指針に従い病気のお子さまのケアと家族の支援をします。

  1. 預かったお子さまが安心して過ごせる環境を提供します。
    (ア)入室後には医師の診察があり、病状の変化に対応します。
    (イ) 看護師ができるだけ早く健康を回復するための援助を行います。
    (ウ) 室内感染を防ぐため病気の種類でお部屋を分けて保育します。
    (エ)感染症ごとに感染対策を徹底します。
  2. 病気のときでも健康なときと同じように、お子さまの発達に配慮しながら、その子が生き生きとして過ごすことができる保育を実践します。
  3. お子さまが病気のときの対処法がわからない、育児がつらいと感じる保護者への支援を行います。

災害時の対応

避難状況のお知らせ

災害発生時の病児保育室での対応状況は次の方法でお知らせします。

災害用伝言ダイヤル

状況に応じて災害用伝言ダイヤルを利用することも考えられます。ご利用方法の確認をお願いいたします。

NTT西日本 災害用伝言ダイヤル(171)

避難場所

一次避難場所 : キッズケア・青い鳥(あおい小児科2階)
広域避難場所 : 富田小学校(今治市上徳甲394-4)

スタッフ紹介

医師・看護師・保育士が一丸となってお子さまの病気の回復に努めます。お困りの際はお気軽にご相談ください。


  • いずみ先生
    保護者の方が安心してお仕事ができ、子育ての楽しさも感じてもらえるようなお手伝いが出来ればと思います。

  • みどり先生
    子どもたち一人ひとりと気持ちを共有しながら楽しい時間を過ごしてもらえるようにしていきたいと思います。

  • ななみ先生
    心の栄養をたっぷり持って帰ってもらえるよう、にこにこ楽しい時間を過ごせるようにしたいと思います。

  • のりこ先生
    安心して過ごせるよう一人ひとりの思いに寄り添った保育をしていきたいと思います。

  • あいみ先生
    お子さまはもちろん、保護者の方もホッとするようなあたたかい空間を作ってお迎えします。

  • りえ先生
    病気で不安な気持ちに寄り添い、安心して過ごして頂けるようゆったりとした保育をしていきたいと思います。