病児保育室「キッズケア・青い鳥」

HOME   >   病児保育室「キッズケア・青い鳥」   >   基本理念と行動指針

基本理念と行動指針

基本理念

キッズケア青い鳥は、病気のお子様とその家族を支援することで、安心して赤ちゃんを産み育てることができる社会の実現に貢献します。

行動指針

キッズケア青い鳥では、保育士、医師、看護師、栄養士がチームを組んで、以下の行動指針に従い病気のお子様のケアと家族の支援をします。

  1. 預かったお子様が安心して過ごせる環境を提供します。
    (ア)入室後には医師の診察があり、病状の変化に対応します。
    (イ) 看護師ができるだけ早く健康を回復するための援助を行います。
    (ウ) 室内感染を防ぐため病気の種類でお部屋を分けて保育します。
    (エ)感染症ごとに感染対策を徹底します。
  2. 病気のときでも健康なときと同じように、お子様の発達に配慮しながら、その子が生き生きとして過ごすことができる保育を実践します。
  3. お子様が病気のときの対処法がわからない、育児がつらいと感じる保護者への支援を行います。
ページの先頭へ